東京JCで活動中のNPO政策担当者日記!


東京青年会議所でNPO政策担当者日記。1人のメンバーとして発信しますが、内容は個人的なものです。公式なものではありません。
by takers05
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ

日本青年会議所関東地区協議会のさよなら関地区!!

11月20日、今日は関東地区のさよなら関地区に出席。
まあようは、本年度から次年度への引継ぎの為の式典及び会議である。
JC=青年会議所というのは、
基本的に、担当や役職というのは、1年での交代制となる。
どんなにえらい人でも40歳で卒業してしまうので、後任を決めないといけないからだ。

まあそんな訳で、出席するのは、東京JCの役職者と、
東京JCメンバーで、関東地区にもダブル登録するメンバーだけである。
ちなみに、このダブル登録するメンバーのことを、出向者と言います。
東京に所属しながら、他の領域に出るからです。

ここはある意味、他のLOMと呼ばれる、○○JCや◆◆JCとの社交の場である。
関東地区の領域にいる、約161のJCが出席し、交流を深め、
次年度一緒に事業をしたり、様々な活動へ繋げたりと、重要な会議となる。

私も13時から出席し、様々な交流を行った。
日野JCや清瀬JCとは、次年度理事長予定者とも挨拶をさせてもらった。
これが次年度に繋がれば嬉しいことだ。
[PR]
# by takers05 | 2005-11-21 18:22 | 出向先

中野区委員会出席

報告が遅くなったが、11月9日に、中野区の委員会に出席する。
東京JCには、地区委員会という地域組織があって、
それが東京23区全てにあり、
23地区それぞれが委員会というものを開催している。

私は、本年度、中野区と新宿区と杉並区の担当であり、
今日は中野へ行きました。

中野区は今日は年末ということで、卒業生が大いに語る日だった。
ちなみに、何が卒業なのかというと、
JCというのは、40歳で卒業(つまりは退会)しないといけないというルールがあるのです。
どんなにえらい人でも、権力があっても、例外なく、40歳で終了し、卒業するのです。
まあそれが新たなる血の導入を進め、役職の交代にもつながり、
組織の活性化に繋がっているのだが、今日は中野区委員会の卒業生の集まりである。

今年は3名が卒業なので、3人が前に座り、我々から質問等が投げかけられる。
中野区はこう言うときには、組織の強固さが現れ、
しっかりとした運営がなされるなあ。凄いですね。

ちなみに卒業生大いに語るは、JCの11月に良く見る光景の一つです。
[PR]
# by takers05 | 2005-11-14 19:16 | 委員会活動

NPOアワード&NPOフェア

10月15日
今日は土曜日だが、NPOフェアの為に九段下へ行きました!
これは東京JCが主催している事業というものです。
事業とは、多少の費用を我々が出して、企業にも協賛金を頂いて、
有効に、的確に、JC運動という活動を行うものです。

本日は、10時頃に会場に到着すると、すでに辺りは凄い人だかりでした!
会場は科学技術館。
日本武道館の裏側?です。
まさかこんな交通の便が良くないところに、
これだけの人が来るのか?
思わず疑ってしまうほど、沢山の人がいた。(と言っても数百人だが)
開会はまだ11時からなのに・・・だ。

会場には、JC関係者は既に沢山いました。
東京青年会議所のNPO政策委員会関係者は少ないですが、
新宿委員会や、千代田区委員会、などそれぞれの理由を持つ委員会のメンバーがいました。

また今回は、NPOアワードと呼ばれる、
NPOを表彰するという(少しおこがましいですが)式典は夕方からで、
むしろ、このNPOフェアというNPOを紹介するブースと、
一般のフリーマーケットがメインの感があります。

まずはフリーマーケットでは、東京JCでも出品し、
また世田谷区委員会委員長の親御さんなど、関係者も出店していましたが、
JCブースは凄い盛り上がり・・・。
開店の11時には、直ぐに黒山の人だかりです。
こんなNPOフェアがあるのか?という感じです。

そしてそれぞれのNPOブースは、凄くいい感じ。
去年は、ビルの上階の方で、ここに誰が来るんだというほど厳しい設えでありましたが、
今回は、1階の入りやすい場所で、続々と人が入ってきます。
もちろんメインの目的は、その奥のフリーマーケットだと思いますが、
それでも、様々なNPOがブース展示を行い、
全く興味の無い一般市民に興味を注がせるきっかけを作った意義はとても大きいでしょう。

東京JCの理事長も述べていましたが、
興味のあるメンバーでなく、たまたま通りかかった市民が偶然見かけて、
興味を示すことの意義は大きいのです。
実際に、今日は北の丸公園でウォークラリーをやっていて、
たまたま休憩に立ち寄った科学技術館で、
たまたまNPOブースを見て興味を抱き、そしてNPOに登録し入会してしまった。
これは本当に意義あることなのです。

更にはフリーマーケット。
これはNPOブースの奥の方にありますが、
中々どうして、集客力がありました。
話を聞きつけた一般市民や、ウォークラリーの人たちが気楽に眺めて購入していました。

今回意義あることは、結果でも現れています。
もしもこのNPOブースの中から、
我々東京JCが推奨する公益選択1%で、NPO団体を選んだら、
一体何処に入れるのか?

そんな問いかけで、コインを投入させましたら、
なんと全部で600票弱ほど入ったようです。
600票って、メンバー50人、フリマ関係100人、NPO関係50人としても、
まだ400人オーバーします。

例会だって、最近500人超えましたっけ?凄いですね。
これは、たまたまウォークラリーをやっていたことも大きいですが、
今回のNPOフェアの企画自体の良さもあるし、
NPO委員会のたからださんが、
ウォークラリーの通行する道路でフリマのチラシを配ったお陰もあるだろう。
みんなの協力の成果ですね。

実は私は以前、青年洋上セミナー乗った時に、
ユースコミュニティーと言って、
フリマ、協賛企業、NPO団体、聴導犬協会などを一角に集めて、
それ以外にも、青年の船の紹介と、社会福祉協議会の活動内容の紹介を行うイベントをやったことがありましたが、
まあそれとかなり似ていて、楽しい一日でした。
懐かしい感じです。
まあ本当はNPOフェアについては、
中国国際貢献ミッションに行った大学生に反省会と検証の意味も込めて企画から全部やらせると一番良いのだけど・・。

その後地下ホールではNPOアワードを行いました。
NPO法人の方々が涙を流して受賞を喜んでいるのをみると、本当にやってよかったと思います。
[PR]
# by takers05 | 2005-10-19 21:23 | 例会と事業

東京JC10月例会

10月11日
東京JC10月例会が開催された。
ここでは、なんと国会議員の保岡興治氏と武正公一氏と京都大学教授の佐伯啓思氏と、
なかなかの講師を呼んでのパネルディスカッションなどが行われた。

そもそも例会というのは、
たぶん毎月恒例で定例の会という意味だと思うのだが、
毎月1回、おおがかりに定例会を行っている。
日にちはその月によるが、
まあ中旬が多いと思う。
この例会によって、東京JCの行く先を示しているのだ。

他のJCによっては、毎月2回行うところもあるし、
それに該当しないところもあるかもしれないが、
そんなわけで、例会はおおがかりで、予算もかけて、凄いものを行うのだ。

今回は国会議員が2人と大学院の教授なので、とにかく凄いのだが、
内容は国家の政策的なものを考えて、
安全保障や、日本の行く先を考えていくものであった。

正直ある程度は、結論が見えていたり、
我々はこう考えているというのは、あるので、
まず第1部で、今年の政策提言活動を振り返り、
第2部で、それを踏まえた、新日本大綱と名づけた政策提言を行い、
そして第3部で、パネルディスカッションを行った。

第1部のビデオは良く出来ていたし、
第2部の政策提言もしっかり発信できたと思う。
第3部のパネルでは、一人ひとりの発言が少し長過ぎて間延びした感はあったものの、
逆に言えば内容は濃いし、いいものが見れ、伝えられたと思う。

次回も11月の末日に開催されるので、期待したい!!
[PR]
# by takers05 | 2005-10-14 19:37 | 例会と事業

全国大会の式典・・中森明菜まで7m

明菜まで7m!

少し遅くなったが、10月2日、ついに最終日、式典の日の報告である。

今日は全運は朝の5時に集合だそうで、4時おきで体育館へ。
眠いと言うか、ハイテンションの中の、3時間睡眠では、頭がほとんど回らない。
だが伊藤副議長は寝ていないそうだ。
まあ来年の郡山全国大会の実行委員長をやる訳だから、全部を吸収しないといけないので、
中々寝させては、もらえないだろうけど、
それでも、小幹事も1時間寝れたとか言っていて、みんな凄い状況です。
私のように、今日だけというのは、まあ普通に出来ることだが、皆さんお疲れさんです。
私のテンションも少しずつ上がってきました。

真っ暗な中、5時30分より早朝会議が始まる。
何を話していたか良く覚えてないが、頑張ろうーだったような気がする。
だが辺りはまだ真っ暗。お先も真っ暗。自分の担当の最終確認や動きを見る。
私の担当は、なんと拡声器を持って、現役メンバーと卒業生を分ける役目。
うーん、それって一番つらい役目じゃないの?
上手くやんないと、暴徒化したメンバーに詰め寄られる場所じゃないか?

そう、今年は、キャパに余裕が無く、メイン会場は5500人程度しか入れず、
残りは武道館でモニターで見ることになる。
それも、ただ並んだ順だと割り込みが発生することがあるので、
朝から姫路球場で整理券を配り、それを張っているものが、メイン会場に入れるとの事。
シールを配り終え、全てなくなったとき、
「今整理券は全て配り終わったので、武道館へ向かってください!」
とか拡声器でアナウンスしたら、遅く来たメンバーは俺につっかからないか?
まあいいけど。

そんな雰囲気の中、続々タクシーが来る。
もう既に、姫路球場の前には、列が並び始めている。みんな、2Fのメイン会場に入る為に、
整理券(整理シール)を取りに来たメンバーである。
大型バスも続々登場する。
まだ5時50分だぞ!
そういいたくなるが、次々にやって来るからしょうがない。

そんな中、まず環境政策委員会が3人いた。
一番早い東京のメンバーか?
そして千代田のメンバーがいた。
後から聞いたら、始発で神戸から来たらしい。
それは大正解だった。
その数分後、東京JC正副メンバー登場。
しかし僅か20m前に、2F整理券が配布できる最終列があったのだ。
と10分早くくれば、2階に入れたのだが、僅かな差で、
3Fの入場券しかとれず。
3Fは卒業生がステージに上がるまでは、モニターで見て、
上がったら、1F会場のメインアリーナに降りられるのだ。
まあ最後のお見送りはできるので、それでも良しとしなければいけないだろう。

その後も、国際とか、港とか、TJCとか、総務とか、
知っている顔の東京メンバーや、去年一昨年の、日本のメンバーや長野ブロック関係も続々と来るが、
結局、まともに2階に入れたのは、千代田メンバーだけか?
さすが、永塚委員長は、やるときはやるもんだ。

それから拡声器で、現役と卒業生の振り分けをずっと行う。
歩き続けで、足は痛い。
でも全運だけに、一応どこでも出入り出来るのは、やはりメリットだろうか?
1階や2階の内部の様子を見たり、3階にいってみたり、それなりに楽しむことは出来た。
だいたい9時30分頃までは、全く余裕は無かったが、
その後は、新たに来るメンバーも少ないので、
外は姫路か兵庫のメンバーに任せて、中で少しだけゆっくりできた。

10時を過ぎた頃、私は2階の入り口付近にいた。
のんびりと1階の下の方にいるメンバーをぼうっと眺めていると、いきなり騒然としてきた。
そうです、ハイヤーが到着したのです。
そこには、なんと、帽子を深くかぶった、エンタメの歌手がいたのです。
姫路と全運が周りを囲む中、そそくさに歩いて会場の中に消えていきました。
なんと中森明菜!
最近みないとはいえ、いい歌手ではないですか!

それから暫くすると、私の次の出番です。
それは、明菜と会場との間に座り、警備を行うと言うものです。
私は、一番端の方を予想していましたが、
なんと意外と真ん中にきてしまいました。
なんと明菜まで7mしかありません。ばっちり見える距離です。
会場には、大石APDC議長もいらしたし、土屋元会頭を始めとする、歴代会頭も多数いらしました。
しかし私の方が若干近い(⇒いばってもしょうがないが)。
そりゃそうだ。明菜の目の前で、警備して座っているのだから。
でもこれは本当に重要なことなのだ。
1年間全運で苦楽をともにして、これだけ頑張ったよ!
というご褒美みたいなものと考えてよいだろう。

それにしても明菜って細すぎるよ。
スパンコールの衣装ですが、きらめいているその傍で、明菜の足は、すこし突き出ています。
スパンコールに骨が刺さりそうなくらい、ほっそりした膝でした。
もっと健康的にすれば良いのに・・。そんな感じです。
引き続き、明菜に注目し、演目が終わる頃、またしても奇跡が起こりました。

「それではバイバイ!」明菜が手を振りました。
そしてその先には、私がいました。
そうです、明菜は私に手を振ったのです。
これは決して妄想では(笑い)ありません。
明菜は帰り際に、私に対して手を振って帰っただけでなく、
歌詞の中で、何度か指差すのでした。
すばらしい!!

明菜が去ると、ビデオを見て、卒業式です。
あたりが一斉に走り始め、怒涛の雰囲気となりました。
うわーといってる間もなく、ステージには、卒業生が沢山います。
私は引き続き警備をしながらも、東京の卒業生を見ていました。

外に出ると、港の大きな幟。そしてなんと中野区の幟もありました。
凄いです。まさか中野がこのようなすばらしい幟をよういするなんて、凄いことです。
そのような雰囲気のまま、ついに卒業式も終わり、いよいよ解散となりました。

その後打ち上げをする為にヘッドクォーターに行きました。全運メンバーだけでなく、
もう日本JCの役員がたくさんいました。
足は既に限界で、第一小会議のメンバーはなんだか意気消沈です。
それで乾杯して暫くすると、なんと誰かがフロアの床に座りだすではありませんか。
床ですよ、床。立食パーティーで、椅子は全く無いので、床に座り込むのでした。
打ち上げなのに、一定のサイドのみは、床に座って飲んでいます。
まさに宴会状態・・・。
いいじゃないですが最後くらい!本当に疲れているんですよ!
他の小会議は綺麗に品良く立食ですが、
日航ホテルの床での宴会です。楽しかった!
いずれにせよ、良い思いでばかりの全国大会でした!
[PR]
# by takers05 | 2005-10-11 13:03 | 全国大会


最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
高速バス いわき 東京
from 旅と高速バス
高速バス 郡山 神戸
from 高速バス
姫路城
from 姫路城
夜行バス 東京 いわき行
from 高速バス
夜行バス いわき 東京
from 高速バス
佐野ラーメン
from ラーメンの旅
アナウンサーもバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
あなたの欲しい物がきっと..
from ネットでショッピング
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧