東京JCで活動中のNPO政策担当者日記!


東京青年会議所でNPO政策担当者日記。1人のメンバーとして発信しますが、内容は個人的なものです。公式なものではありません。
by takers05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
以前の記事
カテゴリ

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NPO政策チーム会議2月度会議!

NPO政策チーム会議

2月24日、今日はNPO政策チームのチーム会議
秋葉原にて開催しました。

今日は前回よりも出席者は少なく、残念な会議でしたが、
より深く会議を行い、今後のNPO政策について考える事はできた。

まずは標準フォームと呼ばれる開会の挨拶などを行い、
直ぐに3分間スピーチを行った。
これはみんなの前で、スピーチすることによって、
しゃべる能力をアップする為の、研修のようなものだが、
2人対し、それぞれのお題目をあげて、
3分間しゃべってもらった。

3分間と区切ることにより、
実はスピーカーは、時間調整をしながら、
起承転結を組み立て、そして、実際に手に汗にぎりながら、緊張感をもってしゃ
べるのである。
だから意外とプレッシャーに対する能力アップには役立つのだ。
そして終わってからは、フィードバックを行う。
しゃべりっぱなしと言うのは、はっきり言って簡単である。
しゃべって楽しかったとか、うけたとか、それは簡単だが進歩が無いのだ。
周りから見て、どうだったのか?
みんなは、実はどのように感じたのか?
そういうことを、文字で示して貰うことが大切なのだ。

人は言葉では直接評価することが難しい。
それは、言葉だと直接的なので、無用な軋轢をうむ可能性がある。
しかし文字だと直接的ではないので、
文字を読んで、一呼吸おくので、意外と客観的に頭に入ってくるのだ。
まあそんな訳で3分間スピーチを終えて、今日もウイルポエムを行う。

今回は講師役を、前回来た大学生にお願いした。
それは私が毎回やっていても、みんなのスキルアップに繋がらないからだ。
これを他の人がやるから、みんなの能力アップにつながり、
より有効なワークショップとなるのだ。
緊張感を持ちつつも、自分の言葉でしっかりと話し、
事前準備がしっかりとなされていたことを感じた。
そういう前向きな心と行動力が、きっと新しい会社でも通用するだろう。
成功も失敗も言い訳せずに、自分の経験とするようなその態度は、非常に好感が
持てた。

それから
次に自己紹介を模造紙で行う為に、
まずはマジックの使い方の講習。
もちろんマジックと言っても、手品ではなく、マーカーである。
マーカーは、普段何気なく使っているが、
実は私などは、非常に意識して使っているのだ。

例えば、色について、
本文は青か黒、注目の文字は赤、黄色やオレンジは薄いので強調時の修飾に使う
とか・・。
あと、緑なら青とは違う本文に使いますね。
まあ色というのも目立つ色と、チラチラする色、薄い色と、
まさに色々とあるので、気を使います。

また線の細さも重要です。
細くかいたり、太くかいたり、2重線や、囲みによって、強調などを行います。
そんなマーカー講習を行ってから、
実際の使い方に入ります。
本日は、会議と文字と絵の融合です。
一緒に描いて書くことによって、気付きを与えたい!
そんな講習でした。

次にようやく自己紹介です。
某社での新人研修でも行っていますが、
それらのマーカーを使うファシリテーショングラフィックのテクニックを使って

自分の売りについて、自己アピールをしました。
人によって、マーカーの使い方も、自分のセンスに着いても様々でしたが、
何か気付きがあれば幸です。

これらの研修プログラムを予定通り行ってから、
今後のNPOについて、そして、事業計画名称使用などについて考えてから飲み
会へ。
飲み会では、地区委員会との合同プロジェクトや、
今後の事業計画などいろいろな話題に着いて話し合いました。
有効かつ重要な一日となりました。
[PR]
by takers05 | 2006-02-27 20:23

2月例会

今回は2月例会。

登山家の野口氏の講演です。
正直言いますと、当初は、何をしゃべっているのか、全くよく分からなかった。
全然口がまわっていない。
何かギャグを言っても受けない・・。
やばいかも。

しかしなぜか次第に引き込まれていく。
ギャグも少しだけさえて(笑い)きた。
それは登山家の自信というか、誠実さが節々に現れてきたからではないだろうか。

まるで去年の山口先生と一緒で、
最初はチョボチョボ(おちょぼ口)で、なかぱっぱ、
最後に大きくじんわりとしみて行く。
こういう講師はとっつきにくいけど、
割と記憶に残るので、良かったんではないでしょうか。

今の山岳の状況や様子もよく分かったし、裏話も聞けて面白かった。
環境がうんぬんとか、清掃登山がうんぬんというよりも、
山が好きで、山を守りたい!
そして日本が好きで日本の自然を守りたい!

そんな素直な講師だったのでは無いかと思います。
[PR]
by takers05 | 2006-02-14 12:48 | 例会と事業

関東地区協議会8ブロックネットワーク会議!

関東地区協議会8ブロックネットワーク会議!
0203関東地区協議会

2月3日、
今日は日本JCの関東地区協議会の8ブロックネットワーク会議である。
場所は銀座の中小企業会館である。

今日は2月というまだこれから始まろうという時期の会議なので、
沢山の方々がきてくれた。
全部で20名強くらい来ただろうか?

会議自体は、全体の流れを議長から説明し、
それから小委員会ごとにわかれ、各副議長を中心として、
それぞれのテーマについて議論を深めるのだ。

テーマは、①教育、②マニフェスト、③道州制
いずれも、今が旬であるテーマである。
私の場合、道州制を考えることはライフワークなので、
道州制に加わった。

道州制は実は奥が深い。
新しい制度の問題か、中央集権を強化するための形の問題なのか?
単なる数合わせか、いろいろな着目点があるのだ。
しっかりと1時間ほどしゃべって、会議は無事に終了した。

その後の懇親会は、17人着てくれて、本当に楽しく飲めました。
みんな終電があるんので、
すこしずつ帰っていきますが、
12時頃まで付き合ってくれた方々も多数いました。
総括幹事としては、大変ありがたいことです。
[PR]
by takers05 | 2006-02-07 18:59 | 出向先

千代田区地区委員会1月度

1月27日、今日は、久しぶりに千代田地区の地区委員会に出席しました。

千代田地区に関しては、去年は活動が沢山ありすぎて、忙しすぎたので、
今年はその余波で、少しメンバーも疲れていると聞いていましたし、
実際に、本日の会議でも出席者は少なめで、少し心配な感じはしていました。

しかし、出席してみると、やはり千代田区の名前をしょってたつというか、
相変わらずメンバーには気合がみなぎってますね!
沢山の事業をしょってたとうという気合を感じる中身の濃さでした。

ただ、改めて日程表を見てみると、本当に今年の千代田地区は大変忙しそうです。
まず東京JC全体で開催する”4月例会”という、事業というか定例会があるのですが、
ここでは、千代田地区委員会が主管(主催に近い意味)となります。
一つの地区で主管も珍しいのですが、
そこは千代田区、当たり前のように、気合を入れて、主管に邁進しているようです。

主管と言えば、主体的に行動し、
他の委員会や、他のJC(LOMともいう)とともに、例会を成功に導かないといけない訳です。
それも今回は、町田JCと立川JCの2つの他の社団法人とともに協力し、
合同にて例会を成功させないといけないのです。
これは初めて行われることであり、本当に大変な困難が予想されます。

また、それ以外にも
去年のビデオを再編集したり、協力者の所に取材に行って、コンテンツを創ったりと、
それだけでも相当に大変で、忙しそうな感じです。

そして更には、凄いことに、
去年に引き続いて、市民討議会という事業を、今年も引き続き行うとのことです。
4月例会のテーマと一部で重なることもあるようですが、
それでも重なるからこそ、それぞれの創りこみが大切であり、試練が待ち受けているでしょうね。

私は、今年はNPOのリーダーなので、
千代田として主体者になることはありませんが、
もちろん側面支援は厭わないし、協力もするけれど、
実行するのは、やはり新しい千代田のメンバーなので、
本当に大変そうだけど、頑張って欲しいところだ。
[PR]
by takers05 | 2006-02-01 12:48 | 委員会活動


最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
高速バス いわき 東京
from 旅と高速バス
高速バス 郡山 神戸
from 高速バス
姫路城
from 姫路城
夜行バス 東京 いわき行
from 高速バス
夜行バス いわき 東京
from 高速バス
佐野ラーメン
from ラーメンの旅
アナウンサーもバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
あなたの欲しい物がきっと..
from ネットでショッピング
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧